ゲームプレイ日記

様々なゲームの攻略をしていきます(。☌ᴗ☌。)

『AMNESIA(アムネシア)』甘くてダークなミステリーホラー

 

AMNESIA(アムネシア) (通常版)予約特典なし

AMNESIA(アムネシア) (通常版)予約特典なし

 

 

2011年8月にPSPで発売された『AMNESIA』はオトメイトさんから発売されました。

2013年12月には『AMNESIA V Edition』のタイトルでPSvita版が登場しています。

追加ディスクも出ており、アニメ化などもされています。

 デフォルト名すらない主人公が、記憶喪失を隠しながら恋人らしき男性と新しい関係を築いていく独特の内容で、
攻略対象ごとに世界観まで異なっている珍しい作品だったため、話題になりました。
特殊な作品のため、多少のネタバレを含みます。

 

ストーリー


精霊オリオンの影響で記憶喪失になってしまった主人公は、恋人らしき男性とともに新しい関係を築いていくことになります。
オリオンから、身の安全を確保するため記憶喪失であることを隠し通すように注意されている主人公が、
失った記憶を取り戻し、真相を見つけて幸せなラストを迎えられるかどうかはプレイヤー次第です。

 

作品の特徴


この作品では、最初から攻略キャラを選ばなくてはなりません。
最初の選択で「恋人らしき男性」とのルートが確定し、彼との関係をスタートすることになります。
選択ルートによって世界観が異なるため、作中に出てくる同一人物のキャラクター設定が変化してきます。
変化するのは設定のみで、性格は変わりません。初めから個別ルートなので、共通ルートはありません。
攻略対象の数だけストーリーがあるので、金太郎飴にはならないのが最大の特徴です。
乙女ゲームとミステリー小説を融合したような仕上がりで、シナリオが秀逸なのですが、ホラーとミステリーが混在しているため明るくありません。
記憶喪失の主人公と「恋人らしき男性」の関係を明らかにしていくのが楽しい作品です。

※主人公はデフォルト名なしで、死亡エンドなるものまで存在しているため甘いシナリオだと思っていると驚くことになります。

主人公死亡のバッドエンド数がとにかく多いので苦手な方は要注意です。

 

キャラクター


・主人公(デフォルト名なし)
精霊オリオンの影響で何もかも忘れてしまった少女。

「恋人らしき男性」と新しい関係を築いていくことになる。

・シン
主人公の幼馴染兼恋人らしき人物。一見クールな寂しがりやで少々強引。

・イッキ
主人公の恋人らしいが、周囲には女性をたくさんはべらせている。
特異体質のせいで、目の合った女性は「恋をしている」と錯覚させられる。

主人公には効果がない。

・ケント
挨拶のみの一言メールを大量に送ってくる彼氏らしき人物。
恋愛も理屈で割り切ろうとしてしまう理数系男子。

・トーマ
倒れていた主人公に「俺が守る」と囁いてくる。
主人公やシンの兄貴分だが愛情が深すぎて、守るためなら手段を選ばない危険人物。

・ウキョウ
主人公の行く先々に現れる謎の人物。
※シン、イッキ、ケント、トーマのグッドエンドを見ないと攻略できません

 

主人公について 


記憶喪失という設定上、主人公の初期性格は「まっしろ」でかなり無個性型寄りになっています。
選択肢も多いほうです。おどおどしているのがダメだったら合わない可能性もあります。
徐々に記憶を取り戻していくことで、主人公の個性が垣間見えてきます。
ルートによって性格も変わってきますが、初期状態が確定していない分性格の変化はあまり気になりません。

 

システム

 
基本はオトメイト仕様なので割愛します。ちなみに愛キャッチシステムはありません。

独特なのがパラメータです。(主人公好意、信頼関係、記憶喪失疑惑の3項目)
選択肢によって数値が変化しますが、数値のメーターが見づらい上に正解の選択肢がわかりません。
数値でみられるエンディングが変化するため、調整も意外と難しいです。


スチルと糖度

 
もともと「恋人」設定なので、スチルも糖度も甘いです。
甘いのですが、全体的にストーリーが重いため甘さにどっぷりと浸ることはできません。
スチルはきれいです。

恋人らしいシチュエーションを大量に盛り込んでいるのでおなか一杯になります。
「ごちそうさまです」と思わず言いたくなるレベルです。

 

おすすめ!

【無料アプリ】人気スマホゲームおすすめランキング! - ゲームプレイ日記