ゲームプレイ日記

様々なゲームの攻略をしていきます(。☌ᴗ☌。)

【FGO】エミヤ(アサシン)の性能 スター供給役に適した暗殺者

f:id:sakuranbo2milku:20161103140713p:plain

2016年4月27日に追加されたエミヤ(アサシン)。彼の性能について紹介します。

 

ステータス


最大HP/最大ATK:11168/8958
コマンドカード:Q2/A2/B1

宝具


アーツ宝具:時のある間に薔薇を摘め(クロノス・ローズ)
効果:敵単体に超強力な攻撃[LV]&確率でチャージ減少&クリティカル発生率ダウン(3T)〈OC:効果アップ〉

 

スキル


スキル1:魔術 B(CT7)
効果:自身のアーツカード性能をアップ(1T)

スキル2:聖杯の寵愛 A+(CT7)
効果:自身に無敵貫通状態を付与(3T)&クリティカル威力をアップ(3T)&味方全体(自身除く)の弱体耐性をダウン(3T)【デメリット】

スキル3:スケープゴート C(CT7)
効果:味方単体にターゲット集中状態を付与(1T)+スターを獲得

 

 

全体の性能


期間限定イベントで登場した☆4アサシン。アーチャーに同名の人物がいますが、全くの別人。しかし、無関係というわけではありません。

性能としては、アサシンらしくスター発生率に長けており、ヒット数の多い通常攻撃がそれを後押しします。バスターカードは6回、クイックは4回、エクストラアタックは8回と非常に多く、アーツ以外ならスターを確実に発生させてくれます。
しかし、その代わりにNP効率は最低クラスのためアーツチェインやクリティカルで補う必要があります。

スキルは、「魔術」を除きユニークスキルが2つ。どちらも高性能です。
「聖杯の寵愛」は、無敵貫通とクリティカル威力アップを自身に付与する代わりに、自身除く味方全体の弱体耐性をダウンというデメリットがあります。『大ダメージを狙いたいのに回避に阻害される』という懸念を解消し、威力そのものも上昇させるため、自身が生み出したスターを積極的に使いダメージを出していけます。デメリットは、あまり気にならないと思いますが、マタハリや酒呑童子などスタン系の攻撃を使用するサーヴァントが相手の場合は注意が必要です。
「スケープゴート」は、味方一人にターゲット集中状態を付与し、スターを得るスキル。味方の回避持ちに使う、バフを使用し役目を終えた味方の間引きなど多種多様な使い方があります。地味ながら副産物のスターも嬉しいところ。

宝具「時のある間に薔薇を摘め」は、アーツ属性の単体攻撃宝具。
チャージを減少させ、クリティカル発生率をダウンと高性能ですが、その効果で敵の宝具使用がずれスケープゴートが無駄になった、という事故には注意。

 

 

スキルLVの優先順位


エミヤ自身がアタッカーとして攻める場合は「聖杯の寵愛」を。スター供給役とする場合は「魔術」を。
どちらの場合でも、全てのスキルをLV6まで上げておくと立ち回りやすくなると思います。 

 

相性のいい礼装


スターを活かす「ムーンライト・フェスト」や「月の湯治」がオススメです。

 

おすすめ!

【無料アプリ】人気スマホゲームおすすめランキング! - ゲームプレイ日記